美容医療の検索・予約アプリ アプリで全ての口コミを見る

gangnamunni_logo

ピコレーザーの代表的な5つの機器とクリニックの選び方を紹介 

#ピコレーザー #ピコトーニング #ピコスポット#ピコフラクショナル

さまざまな症状に効果があることから、今までのレーザーで効果を感じることができなかったという方にもおすすめできるのが、ピコレーザーです。

しかし、シミやくすみ、ほくろ、ニキビ跡を除去することができるピコレーザーは、さまざまな機器があり、どのように選んだらよいかわからないという方も多いですよね。

この記事では、ピコレーザーの特徴と、治療法、代表的な5つの機器をご紹介します。

ピコレーザーの施術を検討しているという方は、ぜひ参考にしてみてください。



目次

1. ピコレーザーとは

2. ピコレーザーの治療法

 2-1. ピコスポット

 2-2. ピコフラクショナル

 2-3. ピコトーニング

3. ピコレーザーの代表的な5つの機器

 3-1. ピコシュア

 3-2. ピコウェイ

 3-3. エンライトンⅢ

 3-4. ディスカバリーピコプラス

 3-5. スペクトラピコ

4. ピコレーザーを扱うクリニックの選び方

5. ピコレーザー施術を実際に受けた人の口コミ


ピコレーザーとは

レーザー照射

従来、一番短いレーザーのパルス幅(照射時間)は、Qスイッチレーザーのナノ秒(10億分の1秒)でした。対して、ピコレーザーはピコ秒(1兆分の1秒)というさらに短い時間で光を照射することができます。

ピコ秒で照射することで、周囲の皮膚へのダメージを最小限に抑えるとともに、Qスイッチレーザーと違い衝撃波を用いてシミやそばかすのもととなるメラニンをピンポイントで狙うことができ、目に見えないレベルにまで破壊することができます。

照射時間も短くなり、熱による影響を最小限に抑えていることから、照射した場所への色素沈着のリスクも少なくなっているのが特徴です。 ピコレーザーについて詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください!

ピコレーザーでシミ治療ならこれ!2つの照射モードと効果の持続期間

ピコレーザーの治療法

ピコレーザー 種類

ピコレーザーの治療法は3種類に分けられており、症状に合わせて治療を選ぶことができます。

ここからはピコレーザーの3つの治療法をご紹介します。

|ピコスポット

ピコスポットは、シミやタトゥーの色素に対して、ピンポイントで集中的に強いレーザーを照射します。

衝撃波によって色素を破壊するため、周りの正常な組織へのダメージが少なく、施術中の痛みやダウンタイムが少ないのが特徴です。

メラニンへの反応が高いことから、これまで治療が難しいとされていた薄いシミへの効果もあり、1度の治療で効果を感じられることもあります。


ピコスポットの特別価格イベント TOP4

|ピコフラクショナル

ピコフラクショナルは、特殊な専用のレンズでピコレーザーを点状に照射し、目に見えないほどの小さな穴をあけることで、肌細胞の再生を促します。

真皮を刺激することでコラーゲンやエラスチンの生成を促すことができ、ニキビ跡や毛穴の開き、小ジワに効果がある施術です。


ピコトーニングの特別価格イベント TOP4

|ピコトーニング

ピコトーニングは、低出力のレーザーを広範囲に照射することで、肌全体のくすみや肝斑の改善効果や、肌のトーンアップが期待できる施術です。

肝斑は従来のレーザーでは悪化することがあるとされていましたが、ピコトーニングなら低出力で照射ができるため、肝斑の治療も可能となっています。


ピコトーニングの特別価格イベント TOP4

ピコレーザーの代表的な5つの機器

ピコレーザー 機器種類

ピコレーザーにはさまざまな機器が存在し、クリニックによって使用している機器が異なります。それぞれの特徴を把握し、自分の肌悩みに対応できる機器を取り扱っているクリニックを選ぶようにしましょう。

ここからは、ピコレーザーの機器の種類についてご紹介します。

ピコシュア

ピコシュアは、世界初のピコ秒レーザーとして、歴史のある機器です。パルス幅や波長は以下のようになっています。

製造元パルス幅波長
サイノシュアー社550~750㎰532nm・755nm

ピコシュアは、しわ、シミ、ニキビ跡、タトゥー除去などの幅広い分野でFDAの承認を得ている機器です。

755nmの波長をもつアレキサンドライトレーザーを搭載していて、メラニン色素に反応しやすくシミ、そばかすをピンポイントで効率よく除去します。

衝撃波でメラニンを破壊するため、小さな粒子も粉砕し、肌へのダメージも少ないという特徴があります。

コラーゲンやエラスチンの生成を促す効果もあるため、ハリやツヤを生み出す美肌効果も期待できるのが特徴です。

ピコウェイ

波長と照射方式を変えて、局所的なシミの治療に用いられるピコウェイのパルス幅や波長は以下です。

製造元パルス幅波長
シネロンキャンデラ社300~450㎰532nm・730nm・1064nm

シネロンキャデラ社は、世界でもトップクラスのレーザー会社として知られています。厚生労働省の承認済みであるピコウェイは、照射速度が速く周りの皮膚にダメージを与えずにメラニンを衝撃波で破壊します。

ピコウェイは美肌目的のために採用されることが多く、ハンドピースをフラクショナルタイプに変更することで、フラクショナルレーザー治療としてコラーゲンの増生や活性化を促進させる治療が行えます。

全ての色調に対応しているため、マルチカラーのタトゥーやさまざまな濃さのシミ、くすみにも効果抜群。

3種類の波長の特性を活かして、症状や治療のニーズに合わせた使い分けや組み合わせが可能となっているのが特徴です。

エンライトンⅢ

エンライトンにはSRやⅢといった種類があり、Ⅲが最新モデルとなっています。エンライトンⅢのパルス幅や波長は以下です。

製造元パルス幅波長
キュテラ社750~2000㎰532nm・670nm・1064nm

改良を重ねている機器であるエンライトンは、日本の厚生労働省の許可を受けており、シミや肝斑、タトゥー除去などの治療に使用されています。

エンライトンSRでは2種類の波長を搭載していたのに対して、エンライトンⅢは3種類の波長とピコフラクショナルを搭載し、除去できる色素数も増えたのが特徴です。

エンライトンは、ナノ秒で大きなメラニン粒子を砕き、ピコ秒で細かく粉砕するため、大きなシミや濃いシミに対応可能。

スポット治療となるため、とりたいシミだけをターゲットとして狙うことができ、コラーゲン増生作用により肌のハリやキメも同時に改善されます。

ディスカバリーピコプラス

ピコ秒レーザーに加えてルビーレーザーの3波長の照射が可能なディスカバリーピコのパルス幅や波長は以下です。

製造元パルス幅波長
クアンタ社370~450㎰532nm・1064nm・694 nm

ディスカバリーピコプラスは、短いパルス幅での照射が可能となっており、熱ダメージや痛みへのリスクを軽減した治療が可能です。 532nmと1064のピコ秒レーザーに加えて、694nmのルビーレーザーの照射が可能で、狙ったターゲットに合わせて最適な波長を選択することで、さまざまなシミ、くすみ、色ムラの改善やタトゥー除去への治療が行えます。

さらに、2種類のフラクショナルハンドピースが搭載されており、ニキビ跡や小ジワ、色素斑の治療にも最適とされています。

スペクトラピコ

4種類の波長を使い分けるスペクトラピコは、以下のような波長となっています。

製造元パルス幅波長
ルートロニック社750㎰1064nm・532nm・595nm・660nm

スペクトラピコは、4つの波長を使い分けてほぼ全ての色素を除去できるとされています。

従来のレーザーで砕くのが難しいとされていた、小さな粒子も砕くことが可能なため、小さいシミにも効果を発揮します。

4つの波長を使い分けることで、さまざまな色素が混在した難しいタイプのシミやくすみにも効果のある治療です。

全ての色素を除去できることから、タトゥー除去に最適とされており、青や緑、紫、赤、オレンジ、黄色などに対応できます。

ピコレーザーを扱うクリニックの選び方

施術中

ここまで機器の詳細をそれぞれご紹介してきましたが、クリニックを選ぶ際はピコレーザーの種類が豊富なクリニックを選ぶことをおすすめします。

いくつかのピコレーザーを取り扱っているクリニックなら、カウンセリングで医師と相談しながら自分の悩みに合ったものを提案してもらえるでしょう。

また、最新のピコレーザーを導入しているクリニックなら、さまざまな肌悩みに対応可能な場合が多く、自分の好きなピコレーザーを選ぶことができます。

とくにアップグレードしている機器の場合は、後発機は波長がさまざまで、どんなシミにも対応できる、全ての色素に対応できるなど、より肌悩みを解決に導けるため機器が最新であるかも確認するようにしましょう。

ピコレーザー施術を実際に受けた人の口コミ

『ピコトーニング 、ピコフラクショナル 、エレクトロポレーション、オリジナル成長因子パック、高濃度ビタミンC点滴を受けました。

小さい頃からそばかすが悩みで、最近はマスクでシミも増えたような気がしたのでピコシュアリュクスの施術を受けました。10回ほど受けたらシミやそばかすが薄くなるみたいなので今後も継続して受けたいと思います。』

投稿者:ぴっぴっぴ(2021.03.19)


『フォト4回、ピコ3回やったあたりで、友人から肌が白くなったと言われることが増えたので、やって良かったとは思います!』

投稿者:飛べないぺんぎん(2021.11.03)


上記の口コミはカンナムオンニアプリに投稿されたものの一部を抜粋しています。

口コミの全文や施術前後の経過写真、クリニック名、ドクター名、施術の費用といった情報はこちら


まとめ

ピコレーザーの特徴と、治療法、代表的な5つの機器をご紹介しましたが、参考になりましたか?

ピコレーザーは、従来のレーザー治療のナノ秒よりも短い時間であるピコ秒で照射ができるレーザーです。短い時間で照射することによって、肌への負担を少なくし、ターゲットだけを効率的に治療します。

シミやそばかす、肝斑、くすみ、タトゥー除去などに効果的な治療で、さまざまな機器があるため自分の症状に合わせて最適な機器を取り扱うクリニックを選ぶようにしましょう。

クリニック選びなら、1700件以上のクリニック情報の検索や予約ができる『カンナムオンニ』のアプリが便利!

300万人のユーザーが口コミやクリニック評価を投稿しているカンナムオンニなら、希望の機器を取り扱うクリニック選びができます。

ピコレーザーを検討している方は、カンナムオンニで自分に合ったクリニックを見つけてみてくださいね。

美容医療の検索・予約アプリ アプリで全ての口コミを見る

美容医療の検索・予約アプリ アプリで全ての口コミを見る

お悩みの部位

    人気施術

    ダーマペン
    ハイフ(HIFU)
    ヒアルロン酸
    ボトックス
    脂肪溶解注射
    白玉注射
    糸リフト
    エラボトックス
    ルメッカ
    ピコトーニング
    ピーリング
    脱毛
    フォトフェイシャル
    ハイドラフェイシャル
    脂肪吸引

    美容医療の検索・予約アプリ アプリで全ての口コミを見る

    gangnamunni_logo