facebook page view

美容医療・整形の口コミ予約アプリ 今だけ1,000円分Pプレゼント!

gangnamunni_logo

これまでとは異なる新しい美肌治療法として、今注目されている光治療(IPL治療)。

光治療にはフォトフェイシャル、フォトシルクプラスなど、さまざまな治療がありますが、その中でも皮膚のより深い層である「真皮層」にまで熱エネルギーを届けることができるのが「フォトRF(オーロラ)」です。

フォトRFは1回でも効果はあるものの、基本的には一定の間隔・頻度で数回治療を受けることが望ましいとされている施術です。

そこで気になるのが「一体どのくらいの頻度や回数、治療を受ければいいの?」という疑問。

この記事ではフォトRFの治療間隔や回数、効果の持続期間などについて詳しく解説していきます!



目次

1. フォトRF(オーロラ)とは

 1-1. フォトフェイシャルとの違い

2. フォトRFの効果について

 2-1. フォトRFは1回でも効果はある?

 2-2. フォトRFの効果が出るのはいつから?

 2-3. フォトRFの効果の持続期間

3. フォトRFの治療間隔・頻度・回数はクリニックによって異なる

4. どうしてフォトRF(光治療)は何回も受ける必要があるの?

5. フォトRFを受けるクリニック選びのコツ

6. フォトRFを実際に受けた人の口コミ


フォトRF(オーロラ)とは

Content related

フォトRF(オーロラ)とは、フォトフェイシャルを開発したアメリカのビター博士によって考案・開発された機器のことです。

光治療で使われるIPL(光エネルギー)をより進化させたAPL(アドバンスト・パルス・ライト)とRF(高周波エネルギー)を組み合わせることで、肌にダメージを与えることなく美肌効果を発揮します。

また、フォトRFは日本の厚生労働省にあたるアメリカのFDA(食品医薬品管理局)での承認を受けた機器であるため、安心して治療を受けることができるでしょう。


IPL(光治療)の特別価格イベント TOP4

|フォトフェイシャルとの違い

「フォト」のつく施術はいくつもありますが、その中でも知名度が高いのがフォトフェイシャルです。

フォトフェイシャルは肌表面のメラニンや、肌のごく浅い層の血管に効果を発揮する治療です。症状で言えば、浅い部分のニキビ跡やシミ、くすみなどです。

一方フォトRFはというと、光とは性質の異なるRFエネルギーも使用しています。これにより光エネルギーによる火傷リスクや痛みを抑えつつ、肌のより深い部分への治療ができるようになりました。

フォトRFの場合、シミやくすみなど肌表面への作用は弱まるものの、肌のより深い層にアプローチできるため「たるみ毛穴を改善したい」「肌のハリ・ふっくら感がほしいという悩みをお持ちの方におすすめの施術となっています。

フォトRFの効果について

Content related

フォトRFを含む光治療は、さまざまな光を照射することができるのが特徴の治療法です。

そのため、シミ治療、毛穴の引き締め、肌質改善など顔に現れるいろいろなトラブルに効果を発揮します。

レーザー治療では反応しないような薄いシミも、フォトRFであれば治療することが可能です。

・毛穴の開き/肌のハリ/弾力…繊維芽細胞を活性化させることでコラーゲンを作り出す

・シミ/そばかす/くすみ/美肌効果…肌表面の微小な痂皮化による改善効果(小さなかさぶたになりシミが改善する)

・ニキビ/ニキビ跡…皮脂分泌を抑制しニキビ予防。さらに、ニキビ跡の赤みや色素沈着をターンオーバー促進によって排出

・赤ら顔…真皮上層にある拡張毛細血管へダメージを与えることで赤ら顔の症状を改善

顔全体の状態を改善できるフォトRFによる治療はphoto rejuvenation(光による若返り)とも言われています。

|フォトRFは1回でも効果はある?

「フォトRFは1回では効果がない」と勘違いしてしまっている方もいらっしゃるかもしれませんが、個人差はあるものの1回の治療でも効果を実感することができる方もいます。

肌のトーンが一段階明るくなる効果、肌のキメが整う効果、肌のハリアップ、毛穴の引き締め効果などです。

|フォトRFの効果が出るのはいつから?

フォトRFはさまざまな肌トラブルや悩みに効果を発揮しますが、シミの場合は1回の治療でも効果を感じられる方も多いです。

赤ら顔の場合は3回から5回ほどの治療が必要になることもあります。

また、フォトRFではコラーゲンを増やす効果があるため、治療を受けてから3ヶ月〜6ヶ月ほどの間はより治療の効果を感じることができるでしょう。

|フォトRFの効果の持続期間

フォトRFでの治療効果は個人差もありますが、6ヶ月から1年ほど持続するとされています。

シミ治療の場合はフォトRFを受けたあともハイドロキノンクリームやケミカルピーリングなどによるメンテナンスを継続すれば、より効果的なシミ対策・ケアがおこなえます。

そのほかの悩みについても、自分に合ったセルフケアとクリニックの施術を組み合わせることで、より改善が見込めます。ぜひクリニックのドクターと相談してみてください。

フォトRFの治療間隔・頻度・回数はクリニックによって異なる

Content related

フォトRFを受けるときには治療間隔・頻度・回数が気になりますよね。フォトRFに対する考え方はクリニックによっても異なり、治療間隔・頻度・回数にも違いが見られます。

・3週間~1ヶ月ごと

・2ヶ月~3ヶ月ごと

・1週間~2週間ごと

この中でも多くのクリニックが採用しているのが3週間~1ヶ月ごとの治療頻度で、肌の変化にも対応しやすく、1ヶ月に1回通院してフォトRFを受ければいいので患者さんにも負担がかからないというメリットがあります。

回数もクリニックによって違いがありますが、3回〜6回としているところが多いようです。

どうしてフォトRF(光治療)は何回も受ける必要があるの?

Content related

治療を受ける側からすれば、手間はなるべく減らしたいもの。「どうしてフォトRFなどの光治療は何回も受けなければいけないの?」と思いますよね。

もちろん、意味もなく小分けにしているわけではなく、複数回に分けて治療する理由があります。


理由1:肌への負担やダウンタイムを考慮

フォトRFはダウンタイムがほとんどないことが特徴の施術です。

もちろん患者さん一人ひとり肌質や体質は異なるため、場合によっては多少の火照りや熱感・赤み・腫れ・かゆみなどが出ることもありますが、このような症状が現れた場合でも数日で治まります。

高い出力で照射すればより高い効果を望めますが、その分、肌への負担も強くなり、ダウンタイム期間が長くなってしまいます。

低い出力での照射を複数回繰り返すことで、なるべく肌に負担をかけない、少ないダウンタイムでの治療を実現しています。


理由2:光治療(フォトRF)は高出力照射が難しい

中には「ダウンタイムが出てもいいから高出力でフォトRFを照射してほしい!」という方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、ダウンタイムが生じるほど高出力での照射をフォトRFでおこなうのであればそれよりも、悩みに合わせたほかの治療のほうがダウンタイムを少なくでき、さらに高い効果が望めます。

フォトRFはいろいろな肌トラブルに効果のあるさまざまな波長の光を同時に広い範囲へ照射し、顔全体の肌状態をよくすることができるというメリットがありますが、出力を高くしていくと火傷のリスクが跳ね上がってしまいます。

ピンポイントで気になる部分があるという場合は、単一の波長の光によってより高い出力でピンポイントな治療ができるレーザー治療が向いています。

自分の悩みに合わせて、最適な施術や機器を使い分けることが大切です。

フォトRFを受けるクリニック選びのコツ

Content related

フォトRFの施術を受けるときには、自分の肌の状態に合わせた治療をしてくれるクリニックを選ぶようにしましょう。

出力を高くすれば高い効果が見込めると思いがちですが、ただ強くすればいいというものでもありません。

シミには大きく分けて4種類あります。

・日光性色素斑(老人性色素斑・日光黒子)…一般的に言われる「シミ」のこと

・雀卵斑…そばかすのこと

・肝斑…女性に多く左右対称にできるシミのこと

・炎症後色素沈着…肌が炎症を起こしたあとにできるシミのこと

肝斑は強い照射をおこなうと悪化してしまうことで知られており、治療のためには弱い照射によって少しずつメラニン排出を促進させる必要があります。

全体的にマイルドな弱い照射をしつつ、強く作用させたい部分には強い照射をおこなうなど、一人ひとりの肌の状態に合わせて細かく強弱の設定をしてくれるクリニックであればより自分の希望・悩みに合った治療を受けることができるでしょう。

フォトRFを実際に受けた人の口コミ

『施術自体はそれほど痛くありませんでした。頬などのソバカスやADMが濃いところは、顎や額に比べて痛みは強かったですが、まさに輪ゴムで弾かれたぐらいでした。注射針を刺される時のチクッとした痛みに似てるかも。

2週間ほど経つと、(わかりにくいですが)赤みが出て、ソバカスが少し濃くなったように感じました。フォトRFは真皮まで影響するらしいので、ADMにも何か影響あればいいなー笑』

投稿者:もつ鍋子(2019.03.11)


上記の口コミはカンナムオンニアプリに投稿された施術レビューの一部を抜粋しています。

レビューの全文や施術前後の経過写真、クリニック名、ドクター名、施術の費用といった情報はこちら


まとめ

フォトRFはフォトフェイシャルに比べ、より肌の深い部分である真皮層にしっかりとアプローチすることができる光治療機器です。

治療間隔・頻度・回数はクリニックによっても異なるものの、3週間〜1ヶ月ごとの治療を3〜6回ほど受けることを推奨しているところが多くなっています。

自分の希望や肌の悩みによっても必要な回数が変わってくるため、詳しくはカウンセリングを受ける際、クリニックのドクターに訪ねてみましょう。

フォトRFを受けるクリニックや施術費用を比較したいというときには、『カンナムオンニ』のアプリを使うと便利です!

実際に施術を受けた人だけが書き込むことができる20万件以上の口コミや1000件以上の掲載クリニックが掲載している特価イベントから、あなたにぴったりのクリニックを見つけることができるはずです。ぜひアプリを活用してみてくださいね。

美容医療・整形の口コミ予約アプリ 今だけ1,000円分Pプレゼント!

お悩みの部位

    人気施術

    ダーマペン
    ハイフ(HIFU)
    ヒアルロン酸
    ボトックス
    脂肪溶解注射
    白玉注射
    糸リフト
    エラボトックス
    ルメッカ
    ピコトーニング
    ピーリング
    脱毛
    フォトフェイシャル
    ハイドラフェイシャル
    脂肪吸引

    美容医療・整形の口コミ予約アプリ 今だけ1,000円分Pプレゼント!

    gangnamunni_logo