facebook page view

美容医療の検索・予約アプリ アプリで全ての口コミを見る

gangnamunni_logo

脂肪溶解注射で二の腕痩せに必要な回数・本数やデメリットを解説!

#脂肪溶解注射#ダイエット

春先など、薄着の時期になってくると気になるのが二の腕のお肉。半袖やキャミソール、タンクトップなどはもちろん、カットソーやニットを着たときにもかなり気になる部分ですよね。

二の腕のあたりがムチムチしているとなんとなくだらしがないような、すっきりしない印象になってしまいます。

「引き締まった二の腕を手に入れたい!」そんな人におすすめしたいのが脂肪溶解注射(メソセラピー)です。

この記事では、脂肪溶解注射での二の腕痩せについて詳しくご紹介していきます。脂肪溶解注射の施術を受けたいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。



目次

1. 二の腕が痩せにくいのはなぜ?

2. 脂肪溶解注射で二の腕痩せ!

 2-1. 脂肪溶解注射(二の腕)に必要な回数・本数

 2-2. 脂肪溶解注射(二の腕)の料金相場

3. 脂肪溶解注射(二の腕)の経過

 3-1. ダウンタイム

 3-2.副作用

4. 脂肪溶解注射にデメリットはある?

5. 脂肪溶解注射と比較したい二の腕痩せの施術


二の腕が痩せにくいのはなぜ?

腕

「身体はスリムなのになぜか二の腕だけ脂肪がついている」「ダイエットしたのに二の腕のお肉が落ちなかった」そんなふうに悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか?

実は、二の腕は人間の身体の中でも痩せにくい部分と言われています。

一体どうして二の腕が痩せにくいと言われているのか、詳しく解説します。


|セルライトが溜まっている

皮下組織の内側には脂肪細胞がありますが、これが老廃物と結びつくとセルライトができてしまいます。

内臓脂肪に比べ、落とすのが非常に難しいのがセルライトのような皮下脂肪。

ダイエットやワークアウトをがんばっても二の腕だけどうしても痩せないという方は、もしかしたら二の腕にセルライトがぎっしり詰まっているかもしれません。

二の腕を握ってひねったときに皮膚がデコボコして見えたら、それはセルライトがある証拠です。自分でも簡単にチェックできるので、確かめてみましょう。


|新陳代謝・リンパの流れがよくない

リンパは身体の中の老廃物を排出する、下水道のような働きをしています。そのため、リンパの流れが悪くなると老廃物が身体の中に溜まり、脂肪細胞が大きくなることでセルライトができやすくなってしまいます。

また、新陳代謝やリンパ・血液の流れが悪くなるとむくみやすくなり、それがさらに新陳代謝を悪化させ、二の腕に脂肪がつき……と悪循環が生まれ、二の腕がたるんでしまうのです。


|猫背になっている

猫背になると肩が丸まりますが、そうなると上腕三頭筋が使われなくなり、衰えてしまいます。

上腕三頭筋は二の腕の脂肪が垂れてしまう部分にある筋肉で、ここの筋肉量が減ってしまうと脂肪がつきやすくなるのです。

脂肪溶解注射で二の腕痩せ!

注射

痩せにくい二の腕痩せを実現したい!そんな方におすすめな脂肪溶解注射は、皮下脂肪に直接注射することで部分痩せを実現する施術です。

脂肪細胞を破壊して溶かし、溶かされた脂肪細胞は汗や尿として身体の外に排出される仕組みです。

脂肪細胞は若いうちは増加しますが、成人になると増えることはありません。

そのため、脂肪溶解注射によって脂肪細胞を減らしてしまえばダイエットではなかなか落とすことができない二の腕の脂肪を落とすことができ、さらにリバウンドもしにくくなるのです。

ここからは二の腕痩せに必要な脂肪溶解注射の回数・本数や料金相場についてご紹介していきます。

|脂肪溶解注射(二の腕)に必要な回数・本数

脂肪溶解注射には種類がありますが、BNLS neoの場合は1本あたり1ccです。二の腕痩せに必要な脂肪溶解注射の施術回数、本数については、脂肪の量によっても変わります。

二の腕の注入量の目安としては、脂肪溶解注射の中でも人気のカベルライン(カベリン)の場合は8〜16cc、BNLS neoの場合は10〜20ccほどです。

患者さんによっても二の腕の脂肪の付き方や、どれくらい痩せたいかは異なるため、詳しい回数や本数はカウンセリングのときにドクターとしっかり相談するようにしましょう。

|脂肪溶解注射(二の腕)の料金相場

脂肪溶解注射にはBNLSneo、BNLSアルティメット、カベルライン(カベリン)などさまざまな種類があり、種類によっても料金、効果の強さや痛み・腫れなどのダウンタイムの現れ方が異なります。

1ccよりも10cc単位のほうが安くなるクリニックもあります。

・BNLSneo…1ccで3,000円ほど、10ccで25,000円ほど

・BNLSアルティメット…1ccで4,000円ほど、10ccで35,000円ほど

・カベルライン(カベリン)…1ccで8,000円ほど、10ccで56,000円ほど

上記は一つの例ですが、脂肪溶解注射の種類によっても費用は大きく異なるため「自分の希望を叶えるためにはトータルでいくらくらいかかるのか」など、カウンセリングでドクターと相談しながら決めていくのがおすすめです。

脂肪溶解注射(二の腕)の経過

注射

脂肪溶解注射は1回だけではなく2週間から3週間の間隔で3回から6回ほど注射することで効果が現れます。

ただし、効果の現れ方には個人差もあるため、なかには1回の施術で効果を感じる人もいます。

人によっては、施術を受けた翌日から二の腕が細くなる効果を実感できることもあるようです。

|ダウンタイム

脂肪溶解注射は注射のみで二の腕などの部分痩せをすることができ、ダウンタイムが少ないのが特徴ですが、ダウンタイムがまったくないというわけではありません。

脂肪溶解注射の施術では注入する薬剤が偏りなく行き渡るように3cm四方ごとに細かく注射針を指すため、内出血や腫れなどの症状が出ることもあります。

クリニックのなかには内出血を防ぐため、最新針である「マイクロカニューレ」での施術をおこなっているところもあります。

マイクロカニューレは非常に細い針で、針先が丸くなっており血管・神経・細胞組織を傷つけにくいため、内出血が起こりにくくなるほか、痛みや注射針を刺した痕も目立たなくなります。

|副作用

脂肪溶解注射にはさまざまな種類があり、それによっても副作用の現れ方は変わりますが、デオキシコール酸(DOC)を含む脂肪溶解注射の場合、腫れが起こることが多いです。

そのほか、脂肪溶解注射の施術を受けたあとに生じる可能性のある副作用についてご紹介します。

・腫れ…半日後くらいから生じ、3日から7日で治まっていく

・痛み…軽い痛みが長くて10日ほど続くことがあるが、数日で治まることが多い

・かゆみ…長くて10日ほど続くことがあるが、数日で治まることが多い

・熱感…半日後くらいから生じ、数日で治まる

・軽い頭痛…施術の数時間後から生じ、翌日には治まる

・吐き気…施術の数時間後から生じ、翌日には治まる

・知覚過敏…2ヶ月から3ヶ月ほど続く場合がある

・しこり…2ヶ月から3ヶ月ほど続く場合がある

脂肪溶解注射にデメリットはある?

デメリット

脂肪細胞を破壊して溶かす脂肪溶解注射はリバウンドしにくくなるなど、半永久的な効果を得られることが魅力ですが、デメリットもあります。

安心して施術を受けるためにも、デメリットも確認したうえで施術を受けるようにしましょう。


|感染や化膿のリスクがある

注射した部分から菌が入ってしまうと感染を起こし、化膿するリスクがあります。

ごくまれにしか起こりませんが、施術を受けた後、数日経っても非常に強い痛み・腫れ・熱感が続いているという場合にはなるべく早めにクリニックに相談するようにしましょう。


|数回施術を受ける必要がある

脂肪溶解注射は注射する量が多いと腎臓に悪影響を及ぼしてしまうことがあるため、使える薬剤の量には限りがあります。

また、脂肪溶解注射の効果はゆっくりと現れ、回数を重ねるごとに効果がはっきりしてきます。

目に見えて痩せたとわかる効果を得るためには何度か注射をする必要があるため、数回病院に通院しなければいけません。

脂肪溶解注射と比較したい二の腕痩せの施術

二の腕

二の腕痩せをしたいのであれば、脂肪溶解注射のほかにもハイフや脂肪吸引という施術も考えられます。

それぞれ異なった特徴があるため、自分の希望を叶えるためにはどの方法が一番向いているか考えて、ぴったりの方法を見つけてみてください。


|ハイフ(HIFU)

専用の機器を使って高密度の超音波を照射することで脂肪細胞を破壊し、サイズダウンさせます。

超音波によって狙ったターゲットのみに作用するため、肌表面に傷がつくことはありません。

ハイフは部分痩せ効果のほかにも、熱エネルギーによる引き締め効果もあるため、たるみを引き締めたい方におすすめです。


|脂肪吸引

一度で大きな効果を得たい場合や、広い範囲の脂肪を取り除きたいという場合、脂肪が多い場合には脂肪吸引が向いています。

ただし、脂肪溶解注射に比べると痛みや腫れ、内出血などのダウンタイムは大きくなり、むくみが取れて肌が引き締まるまでは最低でも1ヶ月ほどはかかります。


【関連記事】

BNLS注射とVLS注射の違いって?効果や共通点について解説!


まとめ

注射だけで手軽に部分痩せが実現できる脂肪溶解注射は今注目の痩身法です。

ただ痩せるだけではなく、脂肪細胞を破壊して溶かすためリバウンドしにくく、効果が半永久的に続くのもポイント。

ただし、脂肪の量が多い場合や、痩せたい部分が広範囲に及ぶ場合、脂肪溶解注射ではコストがかかりすぎてしまうため、脂肪吸引のほうが良いケースなどもあります。

クリニックのドクターと相談しながら自分にぴったりの施術を見つけてみてください。

脂肪溶解注射は種類が豊富なので、クリニック選びはもちろん、実際に施術を受けた人の口コミを参考にして選ぶのもおすすめです。

そんなときは『カンナムオンニ』のアプリを使うと、クリニック選び・口コミチェックが便利にできますよ。

カンナムオンニの掲載クリニックは日本と韓国1000件以上、口コミも20万件以上あります。ぜひ活用してみてください!

美容医療の検索・予約アプリ アプリで全ての口コミを見る

美容医療の検索・予約アプリ アプリで全ての口コミを見る

お悩みの部位

    人気施術

    ダーマペン
    ハイフ(HIFU)
    ヒアルロン酸
    ボトックス
    脂肪溶解注射
    白玉注射
    糸リフト
    エラボトックス
    ルメッカ
    ピコトーニング
    ピーリング
    脱毛
    フォトフェイシャル
    ハイドラフェイシャル
    脂肪吸引

    美容医療の検索・予約アプリ アプリで全ての口コミを見る

    gangnamunni_logo