facebook page view

美容医療・整形の口コミ予約アプリ 今だけ1,000円分Pプレゼント!

gangnamunni_logo

お肌の老化現象として、まず一番に思い浮かべるのが「シワ」ではないですか?目元やおでこ、首のシワは鏡を見た時にすごく気になりますよね。

美容クリニックや皮膚科で行えるシワ治療にはさまざまな種類がありますが、よく知られてるものに「ヒアルロン酸」と「ボトックス注射」があります。

この記事ではそれぞれの違いや、シワの種類に合わせたオススメの治療法についてご紹介していきます!


シワが気になり始める年齢って?

Content related

肌の老化が起こり始めるのは、一般的に20代半ばくらいからだと言われています。

20代半ばくらいから徐々に肌のハリを支えているコラーゲンの量が減り、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)周期が遅くなるため、シワやシミなどが目立つようになってくるのです。

Kracieのたんぽぽ*調査隊が行った「シワが気になる?」というアンケートでは、下記のような結果が出ています。

・20代(63%)

・30代(82%)

・40代(86%)

・50代(89%)

・60代以上(88%)

30代に入ると、82%もの人がシワが気になると回答。20代でも63%もの人が、シワが気になり始めているということが分かっています。

シワにはさまざまな種類があり、中には元に戻すことが難しいシワもあるため、気になるシワを見つけたら早めに対処することをおすすめします。

シワは大きく分けて、4つの種類があります。

肌は3つの層でできていますが、シワはこの「表皮」「真皮」「皮下組織」という順番で進行し、少しずつ深くなっていきます。

自分が気になっているシワはどの種類のシワなのか、チェックしてみましょう。


小ジワ(ちりめんジワ)

Content related

小ジワは、肌の表面に表れる細かいシワのこと、若い人の肌にも見られ、目元や目尻に現れます。

肌の一番外側部分にある表皮性のシワであるこのシワは、乾燥が原因となって引き起こされます。


表情ジワ

Content related

笑いジワなどとも言われるシワのことで、笑ったり怒ったりした時にできるシワを表情ジワと言います。

癖になってしまうため、表情を作ったときだけでなく素の表情に戻ってもシワとして残っているのが特徴です。

顔にある表情筋は30個ほどありますが、この表情筋をよく動かす部分にできやすいシワです。


真皮ジワ

Content related

シワの最終形とも言われるのがこの真皮シワで、真皮層まで深く刻まれてしまっています。シワと言うと一般的にこの真皮ジワを指すことが多いです。

くっきりと深いこの真皮シワはおでこや目の下などに現れ、保湿を行ってもなかなか元に戻ってくれない頑固なシワ。

小ジワ→表情ジワ→真皮ジワと進行していくので、真皮ジワになってしまう前に対策を行うことが大切です。


たるみジワ

Content related

老化によって肌は少しずつ衰えてたるんでいきますが、それに伴って起こるのがこのたるみジワ。

目の下・首・頬などに現れ、老けて見えてしまうシワの代表格として知られるほうれい線やマリオネットラインは、皮膚や筋膜のたるみによってより目立つようになります。


シワができる場所と特徴

Content related

シワはできる場所によって、受ける印象や特徴が異なります。

おでこ…顔のシワの中でも目立つシワで、年齢を感じさせる。加齢によって深くなる。

眉間…不機嫌そう、怒っているという印象を与える。

目の下…目の疲れやストレスが原因で老廃物などが溜まってできるシワ。

目尻…笑った時にできるシワ。

鼻根…若い時にはできない、加齢によってできるシワ。

上唇…加齢や乾燥によってできるシワで、老けて見えてしまう。

ほうれい線…加齢や頬のたるみでできるシワ。加齢によって深くなり老けて見える。

マリオネットライン…ただのシワではなく、たるんでしまった頬の脂肪によってできる溝で、口角から顎に向かって伸びる。

あご…口を閉じた時に筋肉が緊張することによってできるシワで、梅干しジワとも言われる。


シワの種類別おすすめシワ取り注射

定番のシワ治療として知られているのが「ヒアルロン酸注射」と「ボトックス注射」ですが、一体どんな違いがあるのか分からないという方もいらっしゃいますよね。

ここからは2つの違いや、シワの種類別のおすすめについてご紹介していきます。


ヒアルロン酸

Content related

1gにつき6リットルと高い保水力を持つヒアルロン酸は、シワに注射すると身体の中の水分を吸収してシワ部分をふっくらさせます。

シワ以外にも唇をふっくらさせたり、顎を形成したり、鼻を高くしたりなど美容医療で使われる定番の治療法でもあります。

そんなヒアルロン酸は、たるみによってできてしまったシワに有効とされています。

たるみが原因となってできるシワとしては、目の下のくぼみやほうれい線などがあります。


・ヒアルロン酸は人の体内に存在する成分で、少しずつ分解・吸収されるため安心

・副作用・アレルギーが生じにくい

・注射のみで治療可能 で、メスで切らないためダメージが少ない

・失敗した場合でもヒアルロン酸溶解注射を使うことである程度修正ができる

・施術後すぐにメイクできる


ヒアルロン酸には上記のようなメリットがあります。人の体の中に元々存在する成分で、副作用・アレルギーが起こりにくいのは安心ですよね。


ボトックス注射

Content related

ボトックス注射には筋肉の動きを抑えるという働きがあり、額・目尻・眉間・梅干しジワ(あご)などの表情ジワの改善に高い効果を発揮すると言われています。

ボトックス注射の効果は多岐にわたり、脇汗を抑制したり、小顔効果(エラを小さくする)、ふくらはぎを細くするなどさまざま。

ボトックスは注射をしたその日はほとんど効果は表れず、2〜3日後から少しずつ効果が現れることがほとんどです。

また、ボトックスはできてしまったシワを治療するだけでなく、シワの予防にも有効です。注射した部分の表情筋の働きが数ヶ月〜半年ほど弱くなるため、表情ジワを予防することができます。


・表情を変化させた時にできる動くシワである表情ジワを改善することができる(表情ジワは定着すると深くなって真皮ジワとなってしまうためそれを防げる)

・注射のみで治療可能で、メスで切らないためダメージが少ない

・細かなシワが改善されることで肌がつるりとしてきれいに見える


ただし、ボトックスは目を開く筋肉の動きも鈍くさせてしまうため、おでこにボトックスを注入する時は入れすぎないように注意しましょう。

ヒアルロン酸やボトックスの施術レビューを見る


まとめ

シワには種類があり、その種類や目的によっておすすめの治療方法が異なります。

ボトックス注射とヒアルロン酸注射のどちらの方が自分が気になるシワに適しているのかどうか、ドクターにも相談しながら納得できる治療を受けてみてください!

関連するおすすめイベント

美容医療・整形の口コミ予約アプリ 今だけ1,000円分Pプレゼント!

お悩みの部位

    人気施術

    ダーマペン
    ハイフ(HIFU)
    ヒアルロン酸
    ボトックス
    脂肪溶解注射
    白玉注射
    糸リフト
    エラボトックス
    ルメッカ
    ピコトーニング
    ピーリング
    脱毛
    フォトフェイシャル
    ハイドラフェイシャル
    脂肪吸引

    美容医療・整形の口コミ予約アプリ 今だけ1,000円分Pプレゼント!

    gangnamunni_logo